◆ 企業向けIT製品の比較

◆ ネットショップ開業

◆ 最新記事

◆ カテゴリ

ネットショップ実務士 資格試験 (2)
ドロップシッピング 稼ぐ 方法 (1)
店舗売却 店舗譲渡 負債付き買取 無料査定 (1)
店舗移転 店舗閉店 負債付き買取 店舗譲渡 無料登録 (0)
【無料プレゼント】売れるセールスコピー (1)
【無料公開】ソーシャルメディア集客の成功術 (1)
通販サイト、携帯経由が16% クレジット決済も47%に増加 (1)
格安なレンタルサーバーなら (1)
パンダアップデートって (1)
最 大 で 9 9 % O F F で 商 品 が買える? (0)
リスティング広告 (3)
ネットビジネスノウハウ (20)
ネットビジネス無料ツール (5)
SEO対策 (8)
ネットビジネス最新情報 (8)
豚肉の希少部位の唇って (0)
口蹄疫感染拡大の宮崎県 (0)
未分類 (14)
せどりもネットビジネス (1)
ツイッターでネットビジネス (1)
ただのアルバイトが年商30億円の経営者になった秘密とは? (1)
アフィリエイト革命2013年版!WEBセミナーが無料! (1)
中小企業のWEB集客支援 (1)
BASE ベイス ネットショップ 無料 開業 (1)
ブログアフィリエイト (1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットビジネスノウハウ

ネットビジネスとSEO対策3

ネットビジネスとSEO対策3

検索エンジンはクローラーと呼ばれる

検索エンジンロボットが各サイトを回り、

それをデータベースに自動登録し、

それをアルゴリズムに照らし合わせ

検索結果を決めています。

つまり表示順位を決定しているというわけです。

ということは、とにかく自分のサイトに

クローラーを呼び込まなければならないということです。

そのクローラーは、

既にキャッシュされているページの

リンクを辿って巡回します。


ですからクローラーが自分のサイトに

訪問してもらうためには「バックリンク」、

訪問したクローラーに自分のサイト内で巡回してもらうには

「内部リンク」と呼ばれるものが重要となります。


ちなみに、バックリンクとは、

自分のサイトを他のサイトにリンクさせることです。

内部リンクとは、

自分のサイト内にあるページをリンクすることです。


バックリンクと内部リンクを充実しておくことで

クローラーを頻繁に循環させることが出来、

同時に自分のサイト内を効率よく

巡回してもらうことが出来るようになります。

ただし、クローラーが巡回してきても

そのページが必ずキャッシュされるとは限りません。


キャッシュしてもらうためにも

各ページにバックリンクを付けて

充実していく必要があるわけです。


なぜか。

それは、「中味が充実している良質なサイト」と

検索エンジンに認識させる役割があるからです。


多方面でリンクが張られているということは、

充実している良質なサイトであろうと

検索エンジンが推測するからです。



トップページは当然のこと、

各記事で行うことで、

多くのページをキャッシュ

されやすくすることができるということです。


ちなみに、キャッシュとは、

検索エンジンのデータベースに

自分のサイト内のページが登録されることです。

登録(キャッシュ)されれば、

検索結果に表示されるようになるということです。


では、バックリンクと内部リンクの付け方については次回に。

ネットビジネスノウハウ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sonomanma100.blog103.fc2.com/tb.php/33-6f84ef32

FC2Ad

,

FX手数料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。